倉成酒店は創業昭和39年、地域の皆様に愛されて50年
倉成酒店の新着情報
2014.01.30|空(くう)シリーズ!

昨年、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2013で大吟醸 極上 喜多屋が日本酒部門の最優秀賞、第1位のチャンピオン・サケを受賞した我が地元でもある福岡県八女の蔵元、喜多屋さん!

今日は、その喜多屋さんの限定流通商品のご紹介です\(^o^)/

長い間、日本航空(JAL)さんの国際線エグゼクティブクラスにて機内酒として搭載された吾空(ごくう)麦焼酎をはじめ、麦・米・芋・梅酒とラインナップされています(^_^)

どこの酒屋さんでも買える商品ではなく、喜多屋さんと契約した酒屋さんでしか買えない限定流通商品です!(^_^)

当店でも多くの飲食店様にご愛用頂き好評を頂いておりますm(_ _)m

皆さんも、ご自分にあった「空」を見つけてみて下さい!\(^o^)/

気になられた方、また飲食店様お気軽にお問い合わせして下さいね〜(^_^)
2014.01.22|お待たせ致しました!

年明け第一弾の商品案内です!(^_^)

お待たせ致しました!一年に一度の限定販売!(^_^)
槽汲み(ふなぐみ)酒の時期がやって来ました!\(^o^)/

このお酒を販売させて頂いて、かれこれ20年以上の月日が経ちました。
すっかり定着し、毎年この時期を心待ちにされているお客様も多数いらしゃいます。

今日も朝からお問い合わせを頂き、一個人のお客様から12本(1箱)のご注文を頂きました\(^o^)/
有難う御座いますm(_ _)m

わずかに微発泡性を感じる鮮度溢れる美味しさをその場で汲んで瓶に封じ込めた超フレッシュなしぼりたての生酒です!\(^o^)/

価格は、一本¥1533(税込み)です!
地方発送も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい(^_^)
1月27日(月曜日)、締め切りになっておりますm(_ _)m

※生酒ですので、なるべく光を避け、冷蔵にて保管をお願い致します。
2013.12.18|我が地元、北九州の地酒!

今日、ご紹介させて頂く商品は、我が地元、北九州の地酒、溝上酒造さんの「天心 大吟醸」です!

お歳暮用に!とお客様からご注文を頂いたのですが、このお酒をお歳暮で頂ける(貰える)方が羨ましいです(^_^;)

えっ!?何故かって?(^_^;)

はい、このお酒かなり美味しいからです(^_^;) 新鮮な果実(メロン、バナナ、イチゴ・・・等)を想わせる香りが鼻腔を駆け抜けスッと喉元を通り過ぎるさまは高級酒の証?(^_^)

しかも、このお酒は卸問屋さんには流通してない限定流通品なのです!
いわゆる、蔵元側と酒販店側で契約している酒屋にしか入荷しないんです!

当店は、その契約を蔵元さん側とさせて頂いているので、入荷可能なんです\(^o^)/

と言う訳で、蔵元さんまで引き取りに行って参りましたぁ〜(^_^)

流石に年末になると日本酒の動きも活発になってきます!
昔から日本の神事には欠かせない日本酒、一年の初め「お正月」に少し贅沢に高級日本酒で乾杯しませんかぁ!?(^_^)

1800ml(一升瓶)で税込み¥5250です!(^_^)在庫は、しておりませんので、ご入用の方は事前にご予約をお願い致しますm(_ _)m

さっ、配達に行って参りま〜すε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
2013.12.07|年末商材、続々入荷中!!

今日ご紹介の商品は、あの久保田で有名な朝日酒造さんの「越乃かぎろひ 萬寿」です!(^_^)

「久保田の萬寿」と言えば高級酒としても有名で、ご存知の方も多いと思いますが、「越乃かぎろひ 萬寿」は、毎年10月〜12月の限定出荷で、しかも久保田の萬寿よりも、かなりリーズナブルで素晴らしい純米大吟醸です!(^_^)

スッキリとして落ち着いた香味が特長の、食中酒に最適な純米大吟醸です。穏やかな香りと上品な味わいが優しく広がり、料理と合わせて更においしく楽しめます。(蔵元説明文より引用)

この時期を毎年、楽しみに待って居られる方々も沢山いらっしゃる事からも人気の程が伺えます(^_^)

ちょっと豪華にお正月の脇役として如何ですか?(^_^)

越乃かぎろひ 萬寿 純米大吟醸
(こしのかぎろひ まんじゅ じゅんまいだいぎんじょう)
720ml ¥2362
1800ml ¥4896

数量限定での出荷になります。
売切れの際は御了承下さいm(__)m

お気軽にお問い合わせして下さいね〜\(^o^)/



2013.12.02|究極の逸品!!

さぁ、師走になりました!
早いもので今年も残すところ一ヶ月となりましたね。

今日、ご紹介させて頂く商品は、年末年始に向けてもってこいの究極の逸品をご紹介させて頂きます!

日本の神事に欠かせないお酒!
昭和二十年代まで皇室新年御用酒と云う制度がありました。
それは、全国酒類品評会で第一位から第三位に入賞した酒屋が、一升瓶二本を桐の箱に入れて皇室に献上できるというものでした。

そのお酒は、正月の神事に御神酒として使われたそうですが、造り酒屋にとってこれほど栄誉なことはなく、経費と労力を全くかえり見ずに、この品評会に出品するお酒を造っていました。

そして、幾度もの試行錯誤を繰り返した末、昭和二十三年から二十五年までの三年間、皇室新年御用酒として献上されたのが、今日ご紹介の「大吟醸原酒 まぼろし 桐箱」です!

今では、その制度はありませんが、この「まぼろし」は、その当時の造り方を忠実に再現して、一つひとつ手作業で醸し、当時と同じ桐箱に梱包した究極の逸品です!\(^o^)/

一年間お世話になった大切な方への御歳暮に、感謝の気持ちでご両親に、はたまた仲間との交流に、家族で親戚での御神酒に・・・究極の一本如何ですか!?(^o^)

但し、数量限定ですので売り切れている場合もありますのでその際は、ご了承下さいm(_ _)m

1800mlで¥10500(税込み)です!

尚、先日ご紹介させて頂きました、「純米大吟醸 喜多屋」は、お陰様で多数の方にご注文を頂き予定数に達しましたので完売致しました。
ご注文頂きました方々には、入荷次第ご連絡を差し上げますので暫くお待ち頂きますよう宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
本当に有難うございましたm(_ _)m